株式会社イマムラ

アスベスト除去工事承ります

大規模修繕工事やリフォーム工事のお問い合わせと共に「アスベストの除去工事や調査・診断はやっていますか?」というお問い合わせが非常に多くなりました。

弊社ではアスベストの調査・診断及びアスベスト対策工事(封じ込め工事や除去工事)を承っております。どんなことでもお気軽にご相談下さい!
     
アスベストとは?

アスベスト(石綿)は断熱材や防音材、吸湿材などとして非常に優れた性質を持ち、値段も安価だったことから大量に輸入され、さまざまな用途で使用されていました。

しかしアスベストは人体に悪影響を及ぼす物質であることが判明し、年々アスベストの使用が禁止され、今ではアスベスト含有の製品はほとんど市場に出回らないようになりました。

しかし、過去に建てられたマンションやビル、工場などにはアスベストがそのまま残っていることが多いようです。アスベストをそのまま放っておいてもなくなることはありません。アスベストを長期間吸い込んでしまうと、その分肺がんや中皮腫などの疾患が発症する可能性が高くなることがわかっています。出来るだけ早めのアスベストの対策工事をお勧め致します。

     
アスベスト調査・診断サービスの流れ
私の所有するマンションは昭和50年頃に建てられたマンションなのですが、このマンションにアスベストが使用されているのかどうかがわからないので調べてもらえないでしょうか?

はい、弊社でアスベストの有無を調査・診断することができます。
早速お客様の所有されている建物にアスベストが使用されているかどうか調査・診断致しましょう。※有料

アスベスト有無の診断には公的機関の物質検査を行わなくてはなりません。その検査が有料のため検査料として調査・診断を有料とさせて頂いております。
 
診断の結果、お客様の建物から
アスベストは検出されませんでした。
ご安心下さい。

  規定値を超えるアスベストが検出されました。

アスベスト対策工事を
お勧め致します。

   


アスベスト対策工事には一般的に2種類の工事方法があります

 
アスベスト封じ込め工事   アスベスト除去工事
アスベストに特殊な薬剤を塗布することにより、アスベストの飛散を防ぐ工事方法です。
実際にアスベストを除去する工事ではないので、長期的な監視を必要とし、また、建物の解体時には改めてアスベストの除去工事を行わなくてはいけません。
  アスベストに特殊な薬剤を塗布し、アスベストが空気中に飛散しないようにしてからアスベストを掻き落とすなどして除去する工事方法です。
封じ込め工事とは違いアスベストそのものを取り除きますので以後のメンテナンスは必要ありません。
メリット:
アスベスト封じ込め工事だけを見るとアスベスト除去工事よりも工期が短く、工事費用も抑えられます。
  メリット:
建物に使用されているアスベストを完全に取り除きますので、今後アスベストが空気中に舞い、人体へ悪影響を及ぼす危険性がありません。
デメリット:
アスベストを飛散しないようにさせる工事のため、アスベストがなくなるわけではありません。

建物を解体する際は、改めてアスベスト除去工事を行わなくてはいけない為、最終的にはアスベスト除去工事もおこなわなくてはなりません。
  デメリット:
アスベスト除去する為の費用はアスベスト封じ込め工事よりも若干割高です。しかし、封じ込め工事を行っても建物の解体の際、アスベスト除去工事を行わなくてはいけないので、結果的にはアスベスト除去工事のみを行った方が費用が抑えられます。
 
アスベストに関するお問い合わせはこちら!
 
弊社は神奈川県アスベスト公害対策協会の会員です。
▲アスベストに関する基礎知識やアスベスト除去工事の色々な情報が掲載されています。 是非ごらんください!▲

ページを閉じる